住宅探しはプロの不動産会社で、物件探しのコツを知ろう

不動産を利用するための知識を身につけよう

仲介手数料の意義

仲介業者の本業は手数料商売

不動産売買においては、通常、不動産仲介業者が介在するケースが多いです。なぜなら、不動産の売主が、自ら買主を探し出すことは不可能ではありませんが、手間と費用(広告宣伝費)がかかるため、不動産仲介業者に売却依頼をすることが多いためです。 仲介業者の目的は、売買を成立させることで仲介手数料を受け取ることです。仲介手数料をもらうために、広告宣伝費を使って日々営業しています。 もし、あなたが不動産の購入をしようとしている場合に、仲介業者に物件紹介をお願いするとしましょう。そこで、希望条件を一通り伝えた後に「仲介手数料無料でよろしく」と仮に発言した場合には、その仲介業者があなたに対して物件情報を紹介してもらえることはまずありません。

あなたが売主なら手数料無料も可能

では、あなたが不動産の売主である場合はどうでしょうか。あなたが仲介業者に売却依頼をする場合にいおいて、「売却依頼はするけど、仲介手数料無料でよろしく」と発言した場合、仲介業者はあなたの物件を売却する活動はしないのでしょうか。 「仲介手数料無料」という言葉は、仲介業者に「ただ働き」を強いることになるため、仲介業者のモチベーションは大きく下がることは確かです。 しかし、一方で仲介手数料は成功報酬であるため、不動産売買契約が成立しない限りは手数料を受け取ることができません。したがって、あなたが売主の場合には、仲介業者は「仲介手数料無料」に応じてでも、業務受託する可能性はあります。売主からの手数料はもらえなくとも、その仲介業者が買主を探して売買契約を成立させれば、少なくとも買主からは手数料を受け取ることができるからです。

  • 敷金の返金の為に

    賃貸物件を契約する時には、敷金礼金が発生する事があります。礼金は大家へのお礼のお金となりますが、敷金は退去時に、原状回復する事が出来れば手元に戻ってくるお金なので、居住時は綺麗に使用しましょう。

    詳しく読む